ブログ

税理士等に支払う報酬等に係る復興特別所得税

以前にも、復興特別所得税について書きました。

 

その時、税理士報酬等の源泉所得税に2.1%を乗じるのはめんどくさいので、国税庁がきっといい案を示してくれるだろう、と考えていたのですが、結局そのようなことがなく、原則通りになるようです。

 

ほんと、めんどくさいですね。

 

我々は受領する方なのでいいですが、お支払いただく納税者の方が大変そうです。

 

始めのうちは間違いも多そうですね。。。

 

 

ところで、給与については1月支給分から復興特別所得税が課されるとのことですが、税理士報酬等については、1月支給分ではなく、1月権利確定分から課されることに注意が必要です。

 

つまり、12月分の顧問料を1月に支払う場合、復興特別所得税は課されないということです。

 

 

これまたややこしいですね。

関連記事

  1. 不動産所得で損失が出た時の損益通算
  2. RSU・ストックオプションの確定申告
  3. 給与が未払の場合の源泉所得税
  4. 医療費控除に関する改正
  5. 復興特別所得税の源泉徴収
  6. 個人事業に係る所得拡大税制
  7. 成年後見制度と障害者控除
  8. 青色申告の受理
PAGE TOP