制限行為能力者の申告

 成年後見人になられたAさんからのご質問です。

●ある方の成年後見人になったのですが、成年被後見人(Bさん)の所得税の申告において、私(Aさん)の住所や氏名も記名押印するのでしょうか?

◎税務申告においては、成年被後見人(Bさん)の住所、氏名の他に、成年後見人のAさんの住所、氏名もあわせて記載し、押印します。
 民法の第7条~第8条及び第859条は下記です。

(後見開始の審判)
第七条 精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く常況にある者については、家庭裁判所は、本人、配偶者、四親等内の親族、未成年後見人、未成年後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人、補助監督人又は検察官の請求により、後見開始の審判をすることができる。

(成年被後見人及び成年後見人)
第八条 後見開始の審判を受けた者は、成年被後見人とし、これに成年後見人を付する。

(成年被後見人の法律行為)
第九条 成年被後見人の法律行為は、取り消すことができる。ただし、日用品の購入その他日常生活に関する行為については、この限りでない。

(財産の管理及び代表)
第八百五十九条 後見人は、被後見人の財産を管理し、かつ、その財産に関する法律行為について被後見人を代表する。

カテゴリー: 民法と税 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です