死亡した配偶者の直系尊属

● 所得税法には扶養控除というのがありますが、この親族には配偶者の父母も含まれます。
では、配偶者が死亡した場合、婚姻関係は解消されるものの、その配偶者の父母との姻族関係はどのようになるのか?との質問がありました。

◎ 民法第728条第2項により、生存配偶者が姻族関係を終了させる意思を表示をしない限り親族ですので、死亡した配偶者の直系尊属も扶養控除の対象に含まれます。

参考:(離婚等による姻族関係の終了)
第七百二十八条
姻族関係は、離婚によって終了する。
2 夫婦の一方が死亡した場合において、生存配偶者が姻族関係を終了させる意思を表示したときも、前項と同様とする。

カテゴリー: 民法と税 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です