一方的な贈与?

Aさんから、贈与についての質問を受けました。

「小学生の孫に現金を贈与しようと思うのですが、年間110万円までなら贈与税がかからないのですよね?
で、昔、私の夫が孫のために作った通帳があるので、そこに振り込めばいいのかしら?」

◎よく聞いてみると、孫名義のいわゆる「名義預金」らしいのです。このままでは贈与したことにはなりませんね。贈与というのは民法の贈与契約ですから、相手が知らないというのでは成り立ちません。

民法第549条(贈与)

贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって、その効力を生ずる。

・・・・・・・・

やはり、孫が未成年者なら親権者が代理して贈与契約を結び、引渡し(預金の場合は、管理運用等)をうけることが重要です。もちろん、贈与税の申告や納税も忘れずに済ませましょう。

 

カテゴリー: 民法と税 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です