初七日の際に行った納骨費用

相続税申告において、初七日の際に行った納骨費用が葬式費用として控除できますか?

通常の納骨費用は葬式費用として控除できますが、相基通13-5(葬式費用でないもの)の中に「法会に要する費用」があるので、初七日の際に行った納骨費用が葬式費用として控除できるかとの質問です。
これは、初七日の法会において納骨を行った場合でも納骨費用が葬式費用として控除できますが、初七日に要する費用は控除できませんので、納骨の費用と法会の費用は明確に区分しておく必要があります。

参考:
相基通13-4 葬式費用
法第13条第1項の規定により葬式費用として控除する金額は、次に掲げる金額の範囲内のものとする。
(1) 葬式若しくは葬送に際し、又はこれらの前において、埋葬、火葬、納骨又は遺がい若しくは遺骨の回送その他に要した費用(仮葬式と本葬式とを行うものにあっては、その両者の費用)

相基通13-5 葬式費用でないもの
次に掲げるような費用は、葬式費用として取り扱わないものとする。
(3) 法会に要する費用

カテゴリー: 相続税・贈与税 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>