マイホーム(居住用財産)を兄弟に売ったとき、譲渡所得から3000万円控除が可能か?

この問題は、親族への譲渡ということで、一瞬適用不可ではないかと勘違いをしそうです。
措法第35条②では居住用財産の譲渡所得の特別控除において、「当該個人の配偶者その他の当該個人と政令で定める特別の関係がある者に対してするもの」を除くとされており、兄弟は直系血族ではないので3000万円控除が適用可となります。(ただし、生計が一であったり、譲渡がされた後も当該家屋に居住する場合は適用ができません。)

措令第20の3①は下記です。
一 当該個人の配偶者及び直系血族
二 当該個人の親族(前号に掲げる者を除く。以下この号において同じ。)で当該個人と生計を一にしているもの及び当該個人の親族で次項に規定する家屋の譲渡がされた後当該個人と当該家屋に居住をするもの
・・・以下省略・・・

カテゴリー: 所得税 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>