遺言書無視の遺産分割

 公正証書による遺言書があったが、相続人間でこれと異なる遺産分割をする場合
の事例は、実務ではよくあります。

 相続人の方いわく。

「遺言書の内容をいったん放棄して、遺産分割のやり直しとなって贈与税が課税さ
れるのではないですか?」と。

 でも、そんな心配はいらないですね。

 包括遺贈の放棄した相続人についても、相続人の権利と義務は有していることに
なり、結果として、共同相続人間で遺産分割が行われただけの話ということで、原
則として贈与税の課税はなしということですね。

カテゴリー: 民法と税 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です