INFORMATION

相続税の対象となる方が増えています

平成27年1月1日以降の相続に係る相続税につき、基礎控除が減額されたため、相続税の対象となる方が増加しています。

 

基礎控除は、平成26年までは

5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

だったのが、平成27年以降は

3,000万円+600万円×法定相続人の数

となります。

4割の減少です。

相続人が一人の場合、平成26年までは6,000万円までは相続税がかからなかったのに、平成27年以降は3,600万円以上の方は相続税がかかることになったのです。

自宅の土地をお持ちの方は、すぐに超えてしまいそうな金額です。

国税庁の発表によると、相続税の課税割合は、平成26年は4.4%だったのに対し、平成27年は8.0%に増加しています。

おおよそ12人に1人は相続税がかかるようになったのです。

しかも、これはあくまで全国ですので、東京だけで見れば、8人に1人が相続税の課税対象になりました。

 

相続税は、もはやお金持ちの人だけの問題ではありません。

 

しかし、適切な対策を行っていれば、心配することはありません。

 

今まで以上に相続対策が重要になってきているのです。

PAGE TOP