遺言の種類

遺言の種類

遺言の種類

遺言は、ただ紙に書けばいいのではなく、法律で書き方がしっかり決められており、法律に従っていない場合、無効となってしまいます。
遺言には、主に3つの種類があります。
飯塚会計事務所では公正証書遺言を推奨しています。

①自筆証書遺言

3つの遺言の中で、一番簡便かつ安価にできる遺言です。
証人や立会人も不要で、遺言の全文・日付・氏名を直筆で書き、押印するだけです。
ただし、簡便な反面、紛失や変造の危険性があります。
さらに、相続人に作成したことを伝えておかないと、見つけてもらえない可能性があります。
そのような危険性があるため、相続が開始した後に裁判所で検認という手続きを行わなければなりません。
検認によって有効な遺言とされれば問題ありませんが、せっかく作成した遺言が無効とされてしまうと、遺言を作成した意味もなくなってしまいますし、自分の思いを反映できずに無念な思いをしてしまいます。
以上から、自筆証書遺言はあまりお勧めしていません。

②公正証書遺言

公正証書遺言は、手間と費用が少しかかりますが、一番お勧めしている方法であるとともに、実務上一番利用されている遺言です。
証人(2人以上)とともに公証人役場に赴き(出張もあります)、公証人とともに遺言を作成し、納得をしたら署名押印を行います。
原本は、公証人役場で保管されるため、変造や紛失のリスクがありません。
そして、裁判所の検認も不要です。
また、亡くなった方が公正証書遺言を作成しているかどうかを照会することができますので、遺言を見つけてもらえないリスクも低減します。

③秘密証書遺言

秘密証書遺言は、誰にも見せずに作成することができますので、遺言の内容を秘密にすることができます。
しかし、誰にも見せないため、法的な要件を満たしているかどうかを確認してもらうことができず、無効になってしまうこともあります。
そして、公正証書遺言と同様に、証人及び公証人が必要です。
裁判所の検認も必要となります。
さらに、保管は遺言者自身が行うので、紛失のリスクもあります。
秘密証書遺言も、あまりお勧めしていません。

PAGE TOP