ブログ

復興特別所得税の源泉徴収

平成25年1月1日より、復興特別所得税が加算されることに伴い、源泉税額にも復興特別税が加算されることになっています。

 

具体的には、これまでの源泉税額に2.1%を加算する必要が出てきます。

 

 

給与の計算については、あまり問題がないと思うのですが、我々税理士や会計士の報酬に係る源泉税が若干問題があります。

 

問題というと少し語弊があるかもしれませんが、簡単に言うと「非常に面倒くさく」なってしまうのです。

 

これまでは、我々の報酬は10%(100万円まで)の源泉が引かれて支払われます。

 

報酬が10,000円だったら、1,000円を引いて9,000いただきます。

 

10%なので、計算も楽だし、現金で収受してもあまり手間になりません。

 

報酬を11,111円にして、支払額を10,000円という形にしている人も多いかと思います。

 

 

 

これが、今後2.1%を加算するとなると、、、

 

報酬が10,000円の場合、源泉は1,021円。

 

支払額は8,979円。

 

こんな金額を現金でください、なんて言ったらお客さんに怒られてしまいます。(お釣りも大変ですし)

 

振込でお願いしたいしても、金額が細かくて間違いのもとになると思います。

 

 

どうにかならないもんですかね。

 

2.1%を加算しろ、というのは簡単ですが、それに伴う負担は2.1%以上増えます。

 

 

 

まだまだ適用開始まで時間があるので、実務に即した対応がなされることを期待します。

 

 

そもそも、源泉なんて、確定申告や年末調整をしてしまえば同じなんですから、所得税が2.1%増税されたからって、源泉まで2.1%増加させなくたっていいと思うんですけどね。。。

関連記事

  1. 青色申告の受理
  2. 成年後見制度と障害者控除
  3. RSU・ストックオプションの確定申告
  4. 税理士等に支払う報酬等に係る復興特別所得税
  5. 給与が未払の場合の源泉所得税
  6. 財産債務調書制度について
  7. 年末調整の過年度修正
  8. 不動産所得で損失が出た時の損益通算
PAGE TOP