ブログ

2018年度も研修時間達成しました

ご存知の方も多いと思いますが、税理士及び公認会計士には、毎年研修義務というものがあります。

法律は毎年変わりますし、いつまでも古い知識だけでは、お客様によいサービスを提供できません。

公認会計士は40時間、税理士は36時間の義務がありますので、私は合計76時間の研修義務があります。

2018年も、無事に達成できました。

達成して当たり前だと思っている方もいるでしょうし、私も、知識を売り物にしている者として当然だと思います。

しかし、世の中はそうではありません。

公認会計士の研修義務については、厳しい罰則規定もあることから、皆さん達成しているのですが、税理士については、達成率が低くなっています。

そもそも、税理士の研修が義務になったのは2015年度からで、それまでは、あくまで努力目標でした。(当然私は達成していました)

2015年度から義務化されたものの、罰則が軽く、達成率はなんと43%!(東京会)

東京の税理士の半分以上が未達成なのです。

2018年度からは、日税連のホームページに各税理士の研修受講時間が公表されるようです。

税務の知識は税理士選びの大切な要因の一つです。

これから公表される研修時間も、税理士選びの参考にするのもいいかもしれませんね。

関連記事

  1. 仕事納め
  2. 落語家の脱税
  3. 軽減税率対策補助金
  4. 住民税の通知
  5. 通勤手当の非課税限度枠の改正
  6. 台風の爪痕
  7. 役員に就任した後に支払われる従業員分の賞与
  8. 個人住民税の特別徴収
PAGE TOP